高齢者(シニア世代)におススメ「IHクッキングヒーター」 現役不動産営業マンがおススメする〇〇な理由

皆さんこんばんは。

『やっちん』(@yacchin_0310)です。

今回は、高齢者(シニア世代)におススメの「IHクッキングヒーター」についてのお話しです。

筆者の両親は、父親が早くに他界し、母親(72歳)は古い戸建てで一人暮らし。

車で約1時間ほどかかるところに住んでいるので、何かあればすぐに駆け付けるとはいかない距離。

何かと心配する年齢になりましたが、特に家の中での事故が心配です。

✔階段の上り下りで転倒し、ケガをするんじゃないか?
✔もし一人で倒れたりしてたら?
✔料理中に火事になるかもっ!?

階段の上り下りも年々辛そうだなーと思っていたので、

戸建からマンションに引越しを提案しても

「お金がもったいない」「近所に友達が沢山いてるから、ここから離れたくない」

と受け入れてもらえず、

少しでも心配事解消のため、キッチンガスコンロからIHクッキングヒーターに交換し、

「料理中の火事」が起きないように、IHクッキングヒーターに交換しました。

交換する前は「ガスのほうが慣れている」「火力が弱いんじゃないの?」

とあまり乗る気ではなかったですが、いざ使用してみてるとメリットが沢山あるとの事ですので、

「IHクッキングヒーター」に抵抗がある方は、この記事を読んで少しでも「IHクッキングヒーター」を理解し、ご両親へのプレゼントを検討してみてはいかがですか?

目次

「IHクッキングヒーター」の過熱の仕組みは?

「IHクッキングヒーター」のIHって何の略かご存じですか?

IH(インダクションヒーティング)= 電磁誘導加熱

磁力線の働きで鍋自体が発熱します。

引用:三菱電機

仕組みが仕組みなだけに、使えない材質の調理器具があります。

使えない鍋など

×ガラス・陶磁器(土鍋など)・直火用焼き網
×アルミ・銅 ※1
×多層鍋(間にアルミを挟んでるもの)※鍋底に磁石がつかないも

※1 オールメタル対応のIHでは使用可能だが、軽いものは火力が弱くなる(調理ものと合わせて約1㎏以上で使用)やアルミ両手鍋は、鍋が変形しやすいので炒め物や空焚きに注意が必要

基本的には、「IH対応」の記載がある鍋・フライパンを準備しましょう。

特に「SG」マークが記載されている商品がおススメです。

「SG」マークとは?
「一般社団法人 製品安全協会」が定めた安全基準に適合していることが認証された製品につけられるマークで、
SGとは「Safe Goods(安全な製品)」の頭文字です。
参考: 一般社団法人 製品安全協会

IHクッキングヒーターのメリット

「IHクッキングヒーター」ってどんなところがガスコンロより優れているの?

IHはガスより高火力

磁力発生コイルで鍋やフライパンそのものを発熱させるIHは、約90%の高い熱効率によりガスよりも高い火力を実現しています。

ちなみにガスは熱の大部分が周りに逃げていくので、熱効率が落ち、熱効率約50%になります。

引用:沖縄電力

とにかく掃除がしやすい

IHクッキングヒーターは表面がフラットな状態ですので、ふきん等でサッとふけてとにかく掃除がしやすいです。

また、ガスのように火を使わないので、上昇気流が少なく、油などの飛散が抑えられキッチンやお部屋を汚しにくい特徴があります。

当然、火を使わないので安全です。

ガスコンロの場合は火を使うので、衣類や食品パッケージ・ビニール袋に火が燃え移る可能性があります。

しかし、IHクッキングヒーターは火を使わないので、このような火事になるような事故は起きません。

吹きこぼしや食材をこぼしても焦げる事もありません。

様々な安全機能がついている

母親が使用しているPanasonic製の代表的な安全機能は、

・焦げ付きお知らせ機能
・電源スイッチ自動OFF(時間設定機能付き)
・オートロック(チャイルドロック)
・グリル高温自動OFF
・切り忘れ自動OFF
・空焼き自動OFF
・温度過昇防止
・鍋なし自動OFF
・高温注意表示
・小物自動OFF(ナイフ、スプーンなどが乗ると停止します。)
引用:Panasonic 安全機能

※メーカーにより安全機能の項目が異なる場合があります。

いいところがいっぱい♪ でもデメリットは無いの?

「IHクッキングヒーター」は、いいところだけではなく、当然デメリットもあります。

代表的なデメリットは下記の通りです。

  • IH専用のフライパンや鍋を購入する必要がある
  • 停電時では使うことができない。
  • 本体代がガスコンロと比べると高い
  • 炙り焼き?当然できません。
  • 子供に火の怖さを教育できない。

ガスコンロでの調理に慣れている方は、「IHクッキングヒーター」に慣れるのには時間がかかるかもわかりません。

まとめ

以上いかがでしたでしょうか?

「IHクッキングヒーター」はガスコンロより火を使わない分、とても安全で特に高齢者(シニア世代)におススメです。

ガスコンロだと煮物や揚げ物など、火を長時間つけての調理は火事の元。

ガスコンロから「IHクッキングヒーター」に変えるだけで、心配事が1つ減りましたので、十分価値はあるかと思います。

迷われている方は「IHクッキングヒーター」の体験会を各メーカーなどが定期的に行っているので、ぜひ体験してみてください。

参考になれば嬉しいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

PR

ショールームに行って、実際の設備に触れてみよう

  • 住まいのイメージを実際に体験できる
  • 専門スタッフとコミュニケーションがとりやすい
  • 実物に触れ、使い勝手が細部まで確認できる
  • カタログとの違いが発生するかもわからない「色」が明確に確認できる
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

◆不動産営業マンと対等に渡り合える知識を発信中 
◆40代現役不動産仲介営業マン≪賃貸仲介3年→売買仲介15年→売買仲介継続中≫
◆保有資格≪宅地建物取引士・賃貸不動産経営管理士≫
◆2児のパパ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる